乾癬とは?

乾癬の概要と、その種類について

乾癬との上手な付き合い方

乾癬とは?

「乾癬」という病気の名前、聞いたことがある人も多いのでは?

皮膚が赤くなって盛り上がり、赤くなった表面に白いかさぶたのようなものができ、フケのようにボロボロと剥がれ落ちる皮膚病の一種です。

もともとは白人に多い病気でしたが、近年では日本人にも見られるようになりました。

乾癬,尋常性乾癬の改善・ご相談で病院などを訪れる方も増えているようです。

人によっては強いかゆみをもたらす場合もあり、また、関節の痛みや変形、発熱や倦怠感など、複合的な症状を見せる場合もあります。

乾癬は症状によって以下の5種類に分類することができます。

・ 尋常性乾癬尋常という名が示す通り、乾癬患者の90%がこのタイプ。
複数の皮疹が拡大化し一つにくっつき局面を形成します。
そのことから、欧米では曲面型乾癬と呼ばれています。

・ 関節症性乾癬皮膚症状と同時に関節に症状を発生します。
関節が腫れれる程度から、変形し日常生活に支障を与える場合まで、個人差があるのが特徴。

・ 膿疱性乾癬膿んだようにジクジクした赤みに膿疱が生じます。
高熱や体のむくみなどを併発し、多くの場合、入院治療が必要に。

・ 乾癬性紅皮症症状が全身にまで広がり、皮膚の機能が低下することから、発熱や倦怠感を生じることに。
入院治療が必要になることも。

・ 急性滴状乾癬風邪などにより体調が崩れた時、全身に米粒大の紅斑が現れます。

〜女性のための応援情報〜 「妊娠したい気持ち

Copyright (C) www.firstlinecorp.com. All Rights Reserved.

乾癬との上手な付き合い方